伊木まり子 (いきまりこ) 生駒市議会議員

伊木まり子議員へのインタビュー

伊木まり子生駒市議会議員(奈良県)へ、平成30年11月20日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

生駒市で今、一番問題だと思われる事

記者 生駒市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

伊木まり子議員 地域医療を中心に地域包括ケアシステムを充実させることです。

その問題に対する具体策

記者 現在、伊木市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

伊木まり子議員 議会の厚生消防委員会の中で、がんの予防やがん検診、地域包括ケアシステムの構築などについて、どのようなあり方が望ましいかというような調査を行なっています。また、これらを含めた地域医療全般について、奈良県の健康長寿基本計画や奈良県の保健医療計画などにも目を通し、パブリックコメントで意見を届けたりしています。さらに、NPO活動を通じて、地域医療、在宅医療、医療連携、介護などに関する調査や講演会の開催などに取り組んできました。

議員活動報告

記者 伊木市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

伊木まり子議員 不定期なのですが、紙ベースでニュースを発行したり、報告会を行なって報告しています。ネット上では、「伊木まり子後援会」としてホームページとブログを掲載しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、伊木市議は何が必要だとお考えですか。

伊木まり子議員 これからの少子高齢化社会での中で、若い人たちがまちづくりを支えていかないと、大変な時代になりますから、皆が幸せに暮らしていくために、若い力が必要だということをピーアールしていくことだと思いますね。