吉田幸正 (よしだこうせい) 北九州市議会議員

吉田幸正議員へのインタビュー

吉田幸正北九州市議会議員(福岡県)へ、平成28年5月20日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

北九州市で今、一番問題だと思われる事

吉田幸正議員

記者 北九州市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

吉田幸正議員 人口減少問題です。日本で一番人口数が減っているのが北九州市なんですよね。多くの政令都市の場合は、周辺の人口の見込み数を吸収しながら大きくなってきた背景があるのですが、北九州市は人口減少が始まって40年経っています。これが私にとって、一番の難題だと思って取り組んでいます。

その問題に対する具体策

記者 現在、吉田市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

吉田幸正議員 まず、人口が減っている一番の要因は、学生が社会人になる時に一気に福岡や首都圏に転出してしまうという顕著なデータが出ていることです。本来は北九州市内で就職をしてもらうように体制を整えなければならないのですが、就職を控えた学生側は超大手企業以外の中堅中小企業の名前すら知らなかったという背景がありました。そこで去年、北九州市の企業を全大学生と就職を希望する高校生に紹介し、地元企業や仕事の魅力を伝える「北九州ゆめみらいワーク」という取り組みを始めました。
もう一つは、賑わいに強く反応する学生たちが、福岡の一部の明るさに引き寄せられて行ってしまう傾向がありましたので、華やかな所は華やかに、そして若い人が楽しむような楽しみが明確にないと埋没してしまいます。そのためにも北九州市の小倉北区を中心にもっと街を元気にしていきたいと思っています。
もう一つの悩みに、北九州市の学力に課題がありました。その背景には貧困の連鎖がありましたので、私は北九州市に寺子屋を作ることを政策の一つに掲げ、放課後の空き教室を活用し、塾の先生や学校のOB教員と連携しながら、無料で小中学生の学習支援をする「ひまわり学習塾」に取り組んできました。実現までには2年かかりましたが、受講した中学生は全員進学するという高い成果を得ました。

議員活動報告

記者 吉田市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

吉田幸正議員 私は、一番の活動報告は議会だと思っています。私は与えられた議会での一般質問で、自分の考えや感じたこと、こういうことをやるべきだということを訴えています。市民の方には自分の議会質問の案内をしたり、あるいはケーブルテレビで流してもらったり、生で傍聴していただくことが、一番重要視している私の議会活動の見せ方です。あとは、近所の方々に集まっていただき報告会を行なったり、facebookも活用しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、吉田市議は何が必要だとお考えですか。

吉田幸正議員 問題意識を持ってもらうことです。それによって、世の中を変えられるという体験をしてもらいたいと思います。例えば、スケートボードパークが欲しいという少年達が署名をした後、一緒にその実現に向けて活動すれば、希望が叶う事もあると思います。世の中を変えるのには、若いエネルギーがとても重要なので、自分達が世の中を作っていくという意識を持ってもらって、私たちもそのお手伝いをしたいと思いますね。