しまざき清孝 (島崎きよたか) 砺波市議会議員

しまざき清孝の使命

しまざき清孝砺波市議会議員(富山県)へ、平成23年12月12日に砺波市の問題点および取り組みについてインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

※なお、この原稿は修正される可能性がありますので、ご了承ください。

島崎清孝議員

砺波市の問題点および取り組みについて

一番の問題点は財政の問題です。財政健全化法の4つの指標の内、砺波市は実質公債比率が悪く、全国809市区の中で792番目を位置します。いろいろ対策を講じておりますが、実態を率直に市民に説明するということが少し欠けていると感じますので、タウンミーティング等で市民への説明の場を設けて、市の財政の様子を正確に伝えるということが必要だと思います。

自主財源が不足するということが一番の課題ですので、自主財源比率をどう高めるかということに重きを置いて、提言なりしています。

たとえば、国民健康保険事業について、一般会計からどんどん繰り出し、一般財源を痛めることになりますので、広島県の呉市で普及啓発しているジェネリックなどを採用しながら、国民健康保険事業そのものの安定運営をやっていくべきだということなど提言しています。

砺波市民のためにお役にたつべく、しまざき清孝はこれからもがんばって参ります。