藤本金樹 (ふじもときんじゅ) 北上市議会議員

藤本金樹議員へのインタビュー

藤本金樹北上市議会議員(岩手県)へ、平成23年8月16日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

藤本金樹議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

藤本金樹議員 普段の生活そのものが、いかに行政に反映させてもらえるか、または話し相手として、どのような認識でやっているかという繋がりだと思っています。個人的には、国政と違って地方議員は、政党・党派の枠を越えた皆さんの代表者であるという考えをもっています。

北上市で今、一番問題だと思われる事

記者 北上市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

藤本金樹議員 ゴミ処理場を行政で作って民間に任せたいという話しがあるのですが、広域行政となると将来的に経費が上がる問題等が発生してくるのではと思っています。水道も広域行政を進めていますが、やはり水源は近くにある方が良いという思いはあります。

その問題に対する具体策

記者 現在、藤本金樹市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

藤本金樹議員 状態をしっかり把握してからでないとその辺に関しては、申しあげられません。

議員活動報告

記者 藤本金樹市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

藤本金樹議員 地元中心に開かれるミニ集会へおじゃましたり、今回に関しては、盆踊りなどで供養させてもらいました。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、藤本金樹市議は何が必要だとお考えですか。

藤本金樹議員 有権者の中から50代以下の方々何人かをピックアップして、地域をどう考えるかという会議を今開いているのですが、若い人達との接点を多く持てば、若い人達も考え力が増えると思います。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

藤本金樹議員 この地域は農業関係が一番基本になりますので、農業をやっていても困らないような状態を作っていきたいと思っております。また社会福祉関係、少子高齢化に対する支援等も考えていきたいと思っております。

記者 ありがとうございました。