内田けんじ (うちだ健次) 飯能市議会議員

内田けんじの使命

内田けんじ飯能市議会議員(埼玉県)へ、平成23年12月19日に飯能市の問題点および取り組みについてインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

内田健次議員

飯能市の問題点および取り組みについて

飯能市の大きな問題点は税収の確保と放射能問題だと思います。
放射能に関しては、教育部、福祉部、健康推進部、市民生活部などいろいろな部署が関連してまいりますので、市民の皆さんの問い合わせ内容によって、対応できる窓口が変わり、市民の皆さんにとっては、どこを窓口にしてよいかわからないという問題がありました。

前回の12月議会では、放射能問題の窓口を一元化し、ワンストップでサービスができるような体制が必要であるという内容で「放射能等の情報の窓口一元化」について一般質問をさせていただきました。

一応の成果としては、環境部の中に放射能対策チームを設け、市民の放射能に対する窓口の一元化の確約を市長からいただき平成24年1月から放射線相談窓口を設置していただくことになります。

放射能問題は農地の問題から家族の健康問題、子供の給食問題まで非常に多岐にわたった問題ですので、私は今取り組むべきこととして放射能問題をメインに取り上げさせていただきました。

飯能市民のためにお役にたつべく、内田けんじはこれからもがんばって参ります。