戸坂健一 (とさかけんいち) 勝浦市議会議員

戸坂健一議員へのインタビュー

戸坂健一勝浦市議会議員(千葉県)へ、平成23年10月4日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

戸坂健一議員 1つは市民にとって最も身近な政治家として、皆さんの意見を集約しダイレクトに議会に伝える事、そして2つめは、市民のために情報公開を徹底する事だと思います。

勝浦市で今、一番問題だと思われる事

記者 勝浦市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

戸坂健一議員 一番の問題は、閉鎖的な環境だと思います。他自治体に比べてたくさんの魅力、財産がある市なのにもかかわらず、閉鎖的で排他的な風潮が市の発展を阻んでいる気がします。

その問題に対する具体策

記者 現在、戸坂健一市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

戸坂健一議員 ブログや市政報告会を通じて、情報の公開に努めています。また、学校教育改革、図書館改革による人材育成を通じ、明るく開放的なまちづくりに取り組んでいます。

議員活動報告

記者 戸坂健一市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

戸坂健一議員 ブログの活用や個人市政報告会の開催のほか、所属会派でも報告会を行っています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、戸坂健一市議は何が必要だとお考えですか。

戸坂健一議員 議会を見に来てもらうのが一番だと思います。テレビ中継等で国会は見た事があっても地方議会は見た事がないと言う方が殆どです。生活に密着した議案の審議が多く、議員の個性も分るので、面白く見学して頂けると思います。その為に、とにかく議会傍聴に来て頂けるよう努力しています。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

戸坂健一議員 私自身は日本の未来と日本の地方の未来を決して悲観していません。有権者の皆さんも悲観的にならずに、自分たちの地域と日本国の底力を信じて、積極的に政治に参加して頂きたいと思います。

記者 ありがとうございました。