田村和也 (たむらかずや) 養父市議会議員

田村和也議員へのインタビュー

田村和也養父市議会議員(兵庫県)へ、平成23年11月7日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

田村和也議員 自分達の毎日の生活の中での地域密着型だと思いますので、地方議員は現場主義であれというのが私の信念です。

養父市で今、一番問題だと思われる事

記者 養父市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

田村和也議員 企業誘致が少ないということもあり、若者の定住をいかに図るかということですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、田村和也市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

田村和也議員 障碍者が安心して地域で生活できることを目指すということが一番大事かと思いますので、それに今取り組んでいます。もうひとつは、養父市で自主財源を求められるような施策はないかと、検討しているところです。

議員活動報告

記者 田村和也市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

田村和也議員 広報誌も出しておりますが、基本は現場主義、現地主義ですので、何かあれば現場に行くということで、市民の皆さんの現状を見ながらそれを行政に持っていかなければという考えで活動しております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、田村和也市議は何が必要だとお考えですか。

田村和也議員 口だけの行政ではだめだと思いますので、PTAや地域の行事にどんどん出ていって、皆さんの生の声を聞き、それを行政に活かせるよう情報提供することが大事だと思います。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

田村和也議員 議員たるものは市民の皆さんの手となり足となり、行動に移す有言実行が一番大事だと思っております。

記者 ありがとうございました。