宍戸一照 福島市議会議員

宍戸一照議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

宍戸一照議員 地域の振興というような部分が非常に強くなると思います。とくに市議会議員の場合は、地域密着であるので、住民の皆様の暮らしの向上だと思います。

福島市で今、一番問題だと思われる事

記者 福島市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

宍戸一照議員 郡山市に比べますと、経済力が弱いということころです。公務員の皆様に占める割合が多いから、この落ち込みにおいては、それほど顕著な落ち込みは、示しておりませんが、経済成長の時においては、郡山市に比べると経済の活力がないと感じています。福島市の発信の必要性があると思います。その中おいては、福島市の地場産業である農業・観光・振興というのは、大きな柱になると思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、宍戸市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

宍戸一照議員 私は地元、地域においては農水省の「ふるさと地域力発掘支援モデル事業」というものを市民の皆様へ差し上げて、それを受け皿として、地域の振興をはかるべく、日常活動において努力しております。

議員活動報告

記者 宍戸市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

宍戸一照議員 懇談会の開催や、会派の広報誌発行などをさせていただいております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、宍戸市議は何が必要だとお考えですか。

宍戸一照議員 やはり、身近なものになっていただくこと。政治というものを、地域の問題であれば、地域の若い方々に問題意識をもっていただく。福島市であれば、福島市での問題意識をもっていただくということだと思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

宍戸一照議員 日々の活動を我々が、いかに地域の皆様や、地域の皆様にお伝えして、ご理解いただくかということにおいて、いかに効果的に訴え申し上げるかだと思います。

記者 ありがとうございました。