あいざわ久義 (相澤ひさよし) 大崎市議会議員

あいざわ久義議員へのインタビュー

あいざわ久義大崎市議会議員(宮城県)へ、平成22年11月16日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

相澤久義議員 教育や福祉の分野の身近なことだと思います。

大崎市で今、一番問題だと思われる事

あいざわ久義議員

記者 大崎市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

相澤久義議員 高齢化ならびに少子化問題です。

その問題に対する具体策

記者 現在、相澤市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

相澤久義議員 保育所の待機児童および入所老人施設の待機老人がとても多いので、どう対処すべきか議会等でも取り上げ、働きかけております。

議員活動報告

記者 相澤市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

相澤久義議員 議会が終わるたびに新聞折り込みで配布しております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、相澤市議は何が必要だとお考えですか。

相澤久義議員 若い人達と話し合うことではないでしょうか。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

相澤久義議員 皆様の期待に応えるようがんばります。