小林ひさお (こばやし寿雄) 岡山市議会議員

小林ひさお議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

小林寿雄議員 生活に密着したところの「困り感」を一緒に解決してほしいという要望がかなり強いと思います。

岡山市東区で今、一番問題だと思われる事

記者 岡山市東区で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

小林寿雄議員 政令都市に移行したばかりですので、政令市岡山としてどういう街づくりにしていくのかという都市ビジョンはあるのですが、市民のものになりきっていないところがあります。住民が主体的に議論していく場をきちっと設定していくということが大きな課題だと思います。あと、高齢化率も高くなり、地域生活の公共交通網が貧弱なため高齢者が起こす交通事故が増えていることも大きな問題だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、小林市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

小林寿雄議員 オープンエンドで良いので、皆さんの意見をお聞きするためにやりやすい方法で議論の場を設定するように提案しています。

議員活動報告

記者 小林市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

小林寿雄議員 広報誌を作って、郵送や手配りで配布しています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、小林市議は何が必要だとお考えですか。

小林寿雄議員 ひとつは正しい政治教育がうまくできていないのではないかと思います。宗教観や社会観もあるのでしょうが、自分たちでやっていくという意識が薄いので、だからこそ特別になにかしなければならないとは思いますね。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

小林寿雄議員 時間がかかるかもしれませんが、いろいろ意見を出し合って、皆さんと一緒にいいまちを創っていこうとでがんばって参りますので、ご協力の程宜しくお願いいたします。

記者 ありがとうございました。