前島ひろのり (まえしま広紀) 霧島市議会議員

前島ひろのり議員へのインタビュー

前島ひろのり霧島市議会議員(鹿児島県)へ、平成29年7月28日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

霧島市で今、一番問題だと思われる事

前島ひろのり議員

記者 霧島市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

前島広紀議員 霧島市だけの問題ではないのですが、高齢化と、人口減少が大きな課題ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、前島市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

前島広紀議員 霧島市の人口が増えるという事は、他の地域が減るという事にはなりますが、移住定住促進ということを考えて行動しているところです。それと併せて、高齢化問題にも取り組んでいます。

議員活動報告

記者 前島市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

前島広紀議員 年4回ある本会議のあと、1ヵ月遅れくらいに、議員が1回8班に分かれて各地域に出向き、住民の方と「語ろかい」という会を開催しています。私個人としては、年に数回地域の公民会での活動報告会を行なっています。公民会や公民館の役員の立場として、「まちづくり委員会」や地域の状況を見ながら議会の中で活動しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、前島市議は何が必要だとお考えですか。

前島広紀議員 議会では中高生や専門学生の方達を議員として迎えて、議員や執行部も含めて答弁をする青少年議会というものを行なっています。個人的には、地域の少年消防クラブ活動などに参加して、若い人達との接点を持ちながら、少しでも政治に興味を持ってもらうように活動しています。