市川ひでとし (いちかわ英敏) 阿賀野市議会議員

市川ひでとし議員へのインタビュー

市川ひでとし阿賀野市議会議員(新潟県)へ、平成28年3月11日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

阿賀野市で今、一番問題だと思われる事

記者 阿賀野市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

市川英敏議員 合併から約11年が経ちますが、少子高齢化により人口が4~5,000人ほど減っていますので、人口減少が一番大きな問題ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、市川市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

市川英敏議員 阿賀野市では、空き家の有効活用を促進する空き家バンク制度を実施しています。市内はもちろん市外から阿賀野市に移り住みたいとご希望される方々に登録いただき、補助金の対象者には補助金を交付する支援もあります。

議員活動報告

記者 市川市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

市川英敏議員 年に1度、後援会の皆様にお集まりいただき、市政報告会をおこなっているほか、地元の自治会の総会や様々な行事に参加させて頂いた時にも現状等のご報告をさせていただいております。議会としては、定例会ごとに概ね4か所に出向き、自治会は元より、老人クラブ、商工会青年部や子育て世代の方や市内のPTA役員さんなど、様々な団体の皆様とお話をさせていただきながら、ご意見等をいただいています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、市川市議は何が必要だとお考えですか。

市川英敏議員 阿賀野市の将来のことを考えていただくためにも、若い世代の方が興味を持つような教育問題や子育て問題、雇用問題をもっと取り上げていくことだと思います。