さとう一 (佐藤はじめ) 春日部市議会議員

さとう一議員へのインタビュー

さとう一春日部市議会議員(埼玉県)へ、平成29年11月1日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

春日部市で今、一番問題だと思われる事

記者 春日部市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

佐藤一議員 やはり、人口増加策の検討だと思います。あとは、東口を含めた街の活性化および国道16号の沿線開発でしょうか。

その問題に対する具体策

記者 現在、佐藤市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

佐藤一議員 街づくりに関しては地権者が関係してくるので、行政と商工会議所団体、あるいはコンサルタントが入って、地権者との会合が必要だと思っています。人口減に関しては春日部に限らず埼玉の北部は人口が減っていますし、鉄道関係や周りの環境もあるので、一概には難しい問題だと思いますが、人口増の対策は取っていくべきだと思ってはいます。

議員活動報告

記者 佐藤市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

佐藤一議員 後援会に入っていただいている方々には、毎議会ごとに後援会だよりを出しています。あとは、地区の会合等あれば、その都度、今の状況をお話ししています。結果報告として、Facebookやブログも活用しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、佐藤市議は何が必要だとお考えですか。

佐藤一議員 私も20代の子どもがいますが、政治の話をしたということはほとんどないですね。若い人は新聞を読まないから、ネット関係で情報を得るのでしょうから、ネットにどのくらい入り込むのかということが今後の課題だと思いますね。