正木文男 阿波市議会議員

正木文男議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

正木文男議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

正木文男議員 地方議員としてその街作りですね。将来的に住み良い地域作りに何を望むかというふうに考えています。

阿波市で今、一番問題だと思われる事

記者 阿波市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

正木文男議員 合併した市でございますので、統合庁舎の建設の問題ですね。統合庁舎を建設する方向で進んでおりますが、私は既存の庁舎を耐震対策、一部の増改築で有効に活用して、行政が率先してシフト倹約に努めて統合庁舎にかかる経費は、それ以外の住民サービスに繋がる予算として使うべきではないか、ということが私の一番の論点です。

その問題に対する具体策

記者 現在、正木市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

正木文男議員 できるだけそういった市民の皆さんの声をたくさん集めて、届けていきたいと思っております。

議員活動報告

記者 正木市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

正木文男議員 個別に人とのネットワークの中で活動内容をお話させていただいています。それから、ケーブルテレビを利用して議会の状況など発信して、見ていただくようお願いしております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、正木市議は何が必要だとお考えですか。

正木文男議員 行政というのは人任せではなく、皆さんの将来に関わる事ですので、街作りという観点での声を皆さんで出していきましょう。という形で若い人たちの意識を惹きつけていくことが大切だと思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

正木文男議員 まだできたばかりの街を将来にわたって良い街に作っていくべく努力を共にしていきたいと思っております。

記者 ありがとうございました。