こまたふみのぶ (小俣文宣) 野田市議会議員

こまたふみのぶ議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

小俣文宣議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

小俣文宣議員 国で扱う事柄と地方で解決出来る事柄の違いはありますが、基本的には市民生活に直接関係した事を解決していくことが我々の仕事ですから、そういう事が一番に期待されていると思います。

野田市で今、一番問題だと思われる事

記者 野田市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

小俣文宣議員 一番大きな問題は中心市街地の衰退ですね。もうひとつは野田市は田園豊かな所ですけれども、環境問題も地方行政としてははずす事が出来ない問題です。

その問題に対する具体策

記者 現在、小俣市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

小俣文宣議員 私は中心市街地の衰退問題に対して、いかに活性化させたらよいのかという事で日々取り組んでおります。それと、環境問題では「生物の多様性」を守る街づくりを勉強しております。

議員活動報告

記者 小俣市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

小俣文宣議員 報告会と議会ごとに新聞を作り手配りで配布しています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、小俣市議は何が必要だとお考えですか。

小俣文宣議員 議会が積極的に市民の中に出ていくという作業が必要でしょうね。たとえば、議会報告会を議会として取り組んでいく必要があると思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

小俣文宣議員 お陰様で議員力検定3級に合格いたしました。今は、2級に挑戦させていただいております。

記者 ありがとうございました。