大友ぶんじ 大崎市議会議員

大友ぶんじ議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

大友ぶんじ議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

大友文司議員 雇用政策に繋がる地域の活性化は非常に強く言われておりますね。

大崎市で今、一番問題だと思われる事

記者 大崎市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

大友文司議員 大崎市民の一番の関心事は、大崎市民病院建設に絡む場所の問題だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、大友市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

大友文司議員 私は病院建設の特別委員会の副委員長をやった後、その関連である民生常任委員会の委員長をさせていただきました。市民にとって利用しやすく、また医師たちにとっても、良い医療が出来る環境の病院を作るよう努力しております。

議員活動報告

記者 大友市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

大友文司議員 街角でお会いした方々に大崎市の状況や議員活動内容をその都度お話させていただき、皆さんのご要望なども膝を交えてお話しております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、大友市議は何が必要だとお考えですか。

大友文司議員 若い人たちを地方政治に結びつけるのは、極めて難しいことですね。できるならば私たちが若い人たちに出向いて行くべきでしょうが、若い人たちにそれだけのエネルギーを今持っているのかなと思っております。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

大友文司議員 私の信条としては、地域の方々が子々孫々までより幸せに続くように願って活動をしておりますので、是非いろんな意見を寄せていただいて、私に教えていただきたいと思います。いわゆる民の声を聞きながら私も民の一人としてがんばっていきたいと思っております。

記者 ありがとうございました。