臼田喜之 桶川市議会議員

臼田喜之議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

臼田喜之議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

臼田喜之議員 政治家になるとついつい上を目指して上のやり方を取り入れがちですが、地方議員と国会議員では自ずと所詮違うのだとわきまえる必要があるので、国家は国家の事を考えなければいけない。地方議員は地方議員としての地域の仕事があるので、自分の場所をしっかり守るべきだと思います。まじめに税金を納め、まじめに生活している人たちはあまり大きな声を出さないけれど、そういう人たちが完璧に地域を支えているので、健全に生活している人たちに対してもっと行政はきちんとしたサービスをしなければいけないと私は思いますね。

桶川市で今、一番問題だと思われる事

記者 桶川市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

臼田喜之議員 これから地方分権の時代と言われる中で、地方の行政マンの企画力とそこまでもっていく行程表のようなもの、要するに今までの地方自治体という国の出先機関みたいな部分が若干あって、自分達で考え自分達で想像してやっていく能力に欠けているかなと思います。そういう部分がない割には給料が高すぎると思います。だからそういう部分も含めて、本社機能が不足しているように思います。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、臼田市議は何が必要だとお考えですか。

臼田喜之議員 小中学校の教育で従来型の政治が悪いというような教育指導は止めていただきたい。教師が政治に対して批判している事自体が一番悪いと思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

臼田喜之議員 遠慮せずに自分のわがままをクレイマー並みに私にどんどん言ってください。

記者 ありがとうございました。