望月よしひさ (もちづき義寿) 長野市議会議員

望月よしひさ議員へのインタビュー

望月よしひさ長野市議会議員(長野県)へ、平成23年5月9日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

望月義寿議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

望月義寿議員 政治は国民の生活に大きな影響を与えるものですから、私としては働く場が違うだけで、国政との違いがあるとは思いませんが、やはり地方議員の場合は、最も身近な行政をチェックする立場にあると思います。地元の身近な議員として、保育や教育といったことも含め、こまごまとした要望の実現を期待されているのではと思います。

長野市で今、一番問題だと思われる事

記者 長野市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

望月義寿議員 長野市は緊縮財政をとってきましたので、予算的には若干余裕があるのですが、財政健全化のために、地元要望に応えきれていないという点が問題だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、望月義寿市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

望月義寿議員 各委員会や決算特別委員会の場において、地元からの要望については、可能な限り対応していくようにということを常日ごろから働きかけ、発言させていただいております。

議員活動報告

記者 望月義寿市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

望月義寿議員 年に1度、支持者の皆さんにお集まりいただき、市政報告会を開催しております。また、年に2回くらいは市政報告として印刷物を作り、配布して読んでいただいております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、望月義寿市議は何が必要だとお考えですか。

望月義寿議員 投票率を高めるために、期日前投票の投票時間延長の働きかけもしましたが、興味を持ってもらうためには、インターネットやツイッターのような若者に身近なツールを使って、活動をアピールしていくことが必要ではないかと考えています。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

望月義寿議員 安心して暮らしていける豊かな地域社会づくりのために、教育、子育て支援、産業振興に取り組んでまいります。

記者 ありがとうございました。