高山としえ (たかやま敏枝) うきは市議会議員

高山としえ議員へのインタビュー

高山としえうきは市議会議員(福岡県)へ、平成25年9月4日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

うきは市で今、一番問題だと思われる事

記者 うきは市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

高山敏枝議員 働く場所がなく、他の地場産業もないため若い人たちは他へ出て行ってしまいます。そのため農家にしても商店街にしても後継者がなく、市の若返りができないということが一番の問題だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、高山市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

高山敏枝議員 高齢化率も高いので、若者の定住化と街の活性化に向けて、よそから人を呼び寄せるイベントや政経懇話会の各業界でのウェルカム運動等いろいろと提案しています。私個人としては、ソフトバンクの二軍、三軍の新本拠地の誘致問題に一番関心を持って取り組んでいるところです。

議員活動報告

記者 高山市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

高山敏枝議員 原則的に私は毎回議会で一般質問をしておりますので、毎議会ごとの一般質問等の報告書を作って、校区内へ配布しております。時には報告会を開き報告もしています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、高山市議は何が必要だとお考えですか。

高山敏枝議員 情報提供が一番の近道であると考えていますので、若い人たちと直接面接してお話しする機会を設けることが大切だと思います。