浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

5月に入りました

日本の四季の移ろいの素晴らしさを改めて感じさせる季節、春を迎えました。

また、あわただしかった4月も過ぎて、新入生、新社会人にとってはゴールデンウイークを挟んだことで、張り詰めていた心と体を癒すいい中休みになった事と思います。
5月5日はこどもの日ですが、暦の上では早”立夏”で野山は新緑にあふれ、行楽のシーズンでもあります。ワークライフバランスという言葉がありますが仕事も余暇もバランスよくし、 心身ともにゆとりある豊かな暮らしを希求する行動であります。絶好の行楽シーズンを活用して気持ちの切り替えを図りたいところですが、いかがでしょうか。

さて、この号外は議会閉会中でも市民の皆様に市の現状や課題についてタイムリーにお知らせしたいという使命感から始めました。

今号では <藤沢市議会の再編> についてご紹介します。

浜元てるきの使命

昨年までは、最大11会派にまで分かれていた市議会でしたが、2月議会が終わった直後から会派再編のうわさが流れ始め、なんと私が所属している「さつき会」から一人の議員が離団することになりました。
まさかの離団でしたが本人の決断を尊重し残った二人で頑張ることを確認しました。

しかし、これでも収まりませんでした。
昨年まで、一人会派が4つ存在していましたが、4月中に一つの一人会派を残して全て他会派に合流となりました。正直、ここまで再編が進むとは予想だにしていませんでしたので慌てました。
二人会派が二つのままでいいのかも議論となり、結果、「さつき会」は解散することにしました。2007年5月に誕生した「さつき会」でしたが短命に終わりました。私にとっては政治家になって最初の会派だった故思い入れも強く、一人になっても残された任期を「さつき会」で全うする気持ちはありました。

しかし、実は従前から誘いがあったのも事実です。声をかけられている内が花という教えが頭をよぎりました。悩みぬいた結果、かわせみクラブ改め「民主クラブ」の一員として新なスタートを切ることにしました。

7人の会派となることから、今後はより存在感と影響力のある会派への飛躍を目標に掲げ日々切磋琢磨して参りますので引き続きのご支援をなにとぞよろしくお願いいたします。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

4月 3月 2月 1月【2016年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2015年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】