浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

2016年4月

浜元てるきの使命

平成28年の新年度が始まりました。
例年より早い桜の開花の中、今年も全国各地で入学式や入社式が行なわれ、新たなステージでのそれぞれの新生活がスタートしました。

ピカピカのランドセルを背に小学校に初登校する一年生児童、社会人としての一歩を踏み出す社会人一年生。
これまで何かと親に無理を言って困らせたり、またあるときは助けてもらっていた生活から、ある程度のことは自力で対処しなければならない生活環境に変わります。

これまでの人生で経験したことをベースにしながら自立していくことが求められます。 だからといって決してあわてることはなく、また恐れることもありませんが大事なことは自信をもって前を向いて一歩一歩着実に歩き出すことだと心から期待しながら児童や新社会人を暖かく見守って参ります。

そしてもう一つ大切なことは“挨拶”です。“挨拶は心を開く鍵”とも言われています。皆さん挨拶を進んでしましょう。そうすると相手は必ず心を開いてくれます。私は小学校で“おはようボランティア”活動をしています。皆さん、進んで笑顔で挨拶しましょう。

さて、議会の方です。
2月26日から始まった予算議会ともいわれる2月議会は3月25日に閉会しました。

初日には市長より平成28年度の施政方針の説明がありました。約30分の説明では2月の選挙を受けて、この4年は様々な成長の種をまいてきた。次の4年は「未来に向けた元気なまち作り」をテーマとして市政運営に挑んで参りますとの決意を述べられました。
私も当然大いに期待をしながらこれまで同様、是々非々で対応して参ります。

平成28年度一般会計当初予算は3年連続となる過去最大の1383億9千万円となりましたが、特別会計予算も含めて、8日間に渡る「予算等特別委員会」で集中的に審議しました。

今月は議会閉会中ということになりますが、入学式をはじめ小委員会は開催されますので、そちらの対応をしながら合間を縫って地域回りや行事のお手伝いという毎日になります。
今月もどうぞよろしくお願い致します。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

3月 2月 1月【2016年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2015年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】