浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

立春

浜元てるきの使命

写真は、1月26日にマラニック(ジョギング)にて藤澤“七福神”巡りした時の一コマ(皇大神宮にて)です。

この日は気温は低めでしたが天気も良く藤沢本町駅で下車したあと、1番目の白幡神社(毘沙門天)をお参りし諏訪神社、感応院、常光寺、養命寺、皇大神宮、龍口寺の8か所を巡るコースを1時間半かけて廻りました。
今年で19回を数える藤沢・江の島歴史散歩ですが、本市の観光振興の目玉としてこれからも応援します。

2月に入り、まだ僅かづつですが日が伸びていくのが日没の時間で分かる季節になって参りました。
境川や引地川沿いでは草木に新芽が芽吹きはじめています。春遠からじといったところでしょうか。

3日の節分に続き、4日は“立春”です。春の始めとはいえ一年で一番寒いといわれる2月に入り、過去にも大雪に見舞われた経験から十分な予見と準備はしておきたいものです。 また、時節柄、風邪やインフルエンザの流行る時期でもありますので、くれぐれも手洗いやうがいはこまめに励行しましょう。

さて、議会です。
予算議会ともいわれる2月議会は2月14日投開票の市長選挙の結果にもよりますが、最短の日程では2月19日の議案説明会に続き24日の議会運営委員会を経て26日から3月25日までの会期で開会します。

本市の財政状況は、人口増や法人収益増などにより歳入の根幹ともいえる市税収入が増えてはいるものの、生活保護費をはじめとした扶助費の増加や市庁舎の建て替えをはじめ藤沢駅周辺の再整備等々、今後巨額の財政投資が必須の状況にあっては尚一層の財政収支の均衡を図りつつ、慎重には慎重を期して予算執行することが重要であります。 850を超える各事業が42万市民のためになるのかを第一義に2月議会に臨みますのでどうぞよろしくお願い致します。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

1月【2016年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2015年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】