浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
 “もっと素晴らしい街に”

2014年12月

浜元てるきの使命

健康の維持増進のために走り始めて36年余り。これまで大きな怪我や大病を患うことなく生きてこれたのもジョギングのおかげかなと思うこの頃ですが、なんといっても今年は還暦の午年でもあったわけで、どうしてもいい年にしたいと願いながら年々衰える体力、タイムの悪化に歯止めをかけるべく様々な工夫をしてきましたが、残念ながら来年への持ち越しとなりました。

写真は昨年実施された藤沢市駅伝大会の一コマです。

今年は走り初めが1月26日に開催された“第4回湘南藤沢市民マラソン”で走り納めが12月14日に開催される“第60回藤沢市駅伝競走大会”となりました。歴史と伝統を誇る大会であり、また60回という区切りの大会でもあることから是非とも出場したいという気持ちが地域や学校に伝わり、めでたく初出場と相成ったわけです。

参加チームが12チームというのは少ないですが、今後は増やしていきたいものです。
7区間で21キロのコースを1,2区は1キロの距離を小学生の女子男子とつなぎ、3区では5キロを40歳以上の男子が受け持ち、4,5区では3キロを中学生の女子男子とつなぎ、6区の一般女子3キロをつないでいよいよアンカーは一般男子の5キロとなります。
ちなみに私は湘南台地区で3区5キロを担当します。応援よろしくお願いいたします。

さて、12月議会です。
先月お知らせしましたが、予告通り12月15日(月)に1番での一般質問が決まりました。

内容は ①サイクルチャレンジカップ藤沢 ②青少年の育成の2点です。
特にサイクルチャレンジカップについては11月2日に開催され、成功理に終了したのを受けて、当然来年も開催すること前提に様々な改善・提案・要望を含めての質問をすべく入念な準備作業をしているところであります。

また、会期中には補正予算委員会も組まれており、委員長として采配を振るうことになっていますが、なんといっても紹介しておきたいのは衆議院選挙に国費とはいえ、藤沢市の関係費用が1億5千万円かかることです。全国では600億とも700億ともいわれています。
これこそ最大の無駄使いではないでしょうか。

愚痴になってしまいましたが、今年も1年ご愛読いただき、誠にありがとうございました。

還暦の次のステージは“大還暦”という新たな60年のステージがあるそうです。またまた目標ができてしまいました。頑張ります!

少し早いですが、皆様方におかれましては素晴らしい新年をお迎えくださいますようご祈念申し上げます。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】