浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

2014年9月

浜元てるきの使命

9月に入りました。
残暑、お見舞い申し上げます。

写真は8月30日(日)の午前中、藤沢市消防防災訓練センターで実施された平成26年度藤沢市総合防災訓練を視察した際に撮ったものです。

私は「災害対策等特別委員会」の副委員長として視察に臨みました。
夜半から降り続いた雨がなかなか止まず気をもみましたが、7時ころにはあがり実施となりました。
今回の訓練は房総から相模沖を震源とするマグニチュード8.5、震度6強の大地震を想定した訓練で、あの東日本大震災を思い起こすことになりました。合掌。

今回新たに加えられたシェイクアウト訓練を含め22種目の訓練には明治、長後、村岡地区の自主防災会、自治会をはじめ防災関係機関、消防関係など参加総数550名が参加し緊迫した雰囲気の中でよどみない連係プレーで訓練を消化していました。
訓練目的は言うまでもなく、いざという時に慌てず迅速かつ的確な行動ができるようにすることですが、加えて被害を最小限にとどめるために繰り返し訓練を続けることにあります。
先の広島の土砂災害は真夜中に起きた惨事であり、いつどこで何が起きるかわからない、まさに人知を超えた自然の驚異、恐ろしさをまたもや見せつけられた惨事となりました。合掌。
それでも私たちは「防災減災」を基本としてこれからも訓練を続けなければなりません。

さて、議会です。
9月議会が9月1日から10月9日までの期間で始まりました。
本会議をはじめ5常任委員会や各種委員会が開かれ、市長サイドから提出された議案を審議します。

一般質問は18名といつもに比べると少なめです。ちなみに私は今回、一般質問は致しません。
9月議会は決算議会ともいわれていますが、平成25年度決算特別委員会が終盤に組まれています。
私は本会議最終日に会派を代表して「代表討論」を申し述べることになっています。
また、補正予算常任委員会では私は委員長として臨むことになりますが、今回は42事業、28億円強の補正事業について9月10日(水)に審議することになっています。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】