浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

2014年8月

浜元てるきの使命

8月に入りました。8月は供養の月でもあります。

8月15日は終戦記念日であり、唯一の被爆国日本として今年も広島・長崎をメーン会場に全国で平和集会や行事が催され平和を希求します。

写真はすっかり定着した、“湘南台灯篭流し”の一コマです。
今年で18回を数え、北部地区を代表する真夏のイベントであります。

今年も8月15日・16日の両日、円行公園と引地川の流し場で厳粛なムードの中開催され私も実行委員としてお手伝いします。
自分や家族が今、平穏に健康な毎日を過ごせていることを改めてご先祖様に感謝し、これからもどうかお守りくださいと手を合わせ謹んで流し灯篭を見送る姿は何とも言えない日本人の原点を見るようで心が洗われる思いです。

次代を担う子供たちにこれからも機会あるごとに日本人の文化・伝統である感謝の気持ちや思いやり、譲り合いの精神を継承することが私たち大人の責務であります。

今、国会で集団的自衛権の解釈問題で世論を二分するような状況になっていますが、言えることはいかなる場合でも戦争は避けなければならないということであります。
これからも平和を希求する一人として灯篭流しをお手伝いして参ります。

さて、議会の方です。
9月議会は9月1日から始まりますが、今月はその準備期間であります。

今年はお盆休みを利用して3年ぶりとなるご先祖様の墓参りに故郷の熊本(天草)に帰りますが、休み明けからは議案説明会や議会運営委員会などを経て9月議会を迎えます。

9月議会では一般質問はお休みしますが、議会最終日に組まれている「平成25年度決算特別委員会」の報告では会派を代表し“決算討論”を申し上げますのでご注目ください。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】