浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

2014年6月

浜元てるきの使命

今年度、議会の「災害対策等特別委員会」で副委員長の命を受けました。

早速5月30日(金)、当委員会で藤沢市水防訓練を視察しました。
訓練目的は災害発生時の迅速かつ的確な対応と水防態勢整備・水防技術の向上であります。 この1年、41万8千藤沢市民の安全安心を確保すべく藤沢市消防局400余名の職員、市内31分団約500名の団員の皆様とともに“災害に強い街づくり”を目指して参ります。

さて、梅雨期を迎え、例年異常気象がもたらす局地的ゲリラ豪雨は境川、引地川を有する本市においても雨水等の増水氾濫により浸水等の被害を被っています。 こうした被害をなくす対策として、緊急的に貯留機能を備えた”遊水地”工事が両河川の上流域で進められています。数年後の完成が見込まれています。 遊水地は平常時は上部空間の有効活用の観点から子どもからお年寄りまでの誰もが楽しめる、また散策したり軽スポーツを楽しむなど様々な要望に対応した構成になっており、一日も早い完成が待たれています。

さて、議会です。
5月21日(水)に臨時会が開かれました。ここで本年度の常任委員会や特別委員会をはじめすべての役員編成が決まりました。
私は5つの役職(総務常任委員会委員、補正予算常任委員会委員長、議会運営委員会委員、災害対策等特別委員会副委員長、広報広聴委員会委員)を拝命しました。

また、6月5日(木)から始まる6月議会では通算15回目となる一般質問をします。
先日、質問通告を済ませ6月19日(木)にこだわりの1番バッターで登壇します。
テーマは ①サイクルチャレンジカップ藤沢について、②高齢者介護サービスについてであります。

日頃ご支援いただいている方々、ご興味のおありの方々、是非とも傍聴あるいはインターネット中継をご覧いただければと思います。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

鈴木市長の誕生により施政方針が変わり本庁主導型に戻りました。しかし私が目指す政治姿勢はこれまで同様何ら変わるものではありません。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 10月 9月 7月 5月 3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】