浜元てるき (はまもと輝喜) 藤沢市議会議員

浜元てるきの使命
“もっと素晴らしい街に”

2013年5月

浜元てるきの使命

世界に誇る日本の四季ですが、その四季でも最も緑が映え、すがすがしい季節のまっただ中の5月4日、5日の2日間、円行公園と引地川で“鯉流し”が催されました。

毎年ゴールデンウイーク中にも関わらず今年で8回を数えるまでに定着してきた行事です。私も昨年から実行委員としてお手伝いしています。地元有志のボランティアが先頭に立って準備から撤収までやりきると言う、まさにお金をかけない手作りの行事です。

この行事は“レインボータウン湘南台マップ”にも紹介され、今年は大小合わせて300本の鯉が天空と川で悠々と泳いでいました。

今年はアベノミクス効果?もあり1本1200円の“子鯉”が25本も売れ、子供たちは川を泳ぐ自分の名前入り(布製の名札)の鯉を歓声を上げながら楽しそうに見守っていました。
今後も地元湘南台の風物詩の一つとしてもっと盛り上がるようお手伝いして参ります。

さて、議会の方は5月9日の臨時会で市議会史上初の議長、副議長の立候補制による選挙が実施されました。(私は期数も経験も知識も浅く立候補はしませんでした。)また、各委員会の役職や委員を決める各派交渉会も開催され、5月14日に総務常任委員長職以外の役職が確定しました。(総務常任委員長職は同常任委員会で互選にて決定します)

因みに今年度、私は、補正予算常任委員会副委員長、厚生環境常任委員会委員、藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会委員、広報広聴委員会委員、決算特別委員会委員になりました。市民の不利益になることのないよう、しっかりとその責務を果たして参ります。

今後の予定としては、5月29日の議案説明会の後6月5日から25日までの日程で6月議会が開催されます。本会議では通算13回目となる一般質問を予定しておりこれから準備に入ります。一般質問もインターネット中継されていますので、ぜひご覧いただければと思います。

安心・安全な街づくり

私は市民に一番近い地方議員として、一人一人の声を大切にしながら地域の皆さんと共に一体的な活動を進めることが子供から大人までの誰もが安心して暮せる安全な街づくりになると確信しています。

藤沢市は昭和15年に人口3万6千で市政をスタート、今や42万の湘南の中核都市に発展してまいりました。

平成23年4月からスタートした地域経営会議ですが現在、名称やあり方、運営手法等について鈴木新市政にて全面見直しを進めておりますが、いずれにしても市民力、地域力、議会力、行政力の総合力が生かせるようしっかりサポートして参ります。

湘南藤沢に住んでよかった、これからも住み続けたいと実感できる街、心豊かな人たちが住む優しさのある明るく健康的な街づくりをするために地域主導型の活動を展開し、市政に反映してまいります。

過去の履歴

3月 1月【2013年】

12月 10月 9月 7月 4月 3月 1月【2012年】

12月 10月 9月 7月 6月 3月 2月 1月【2011年】

11月【2010年】