佐藤しゅうこう (さとう修孝) 奥州市議会議員

佐藤しゅうこう議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

佐藤修孝議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

佐藤修孝議員 国政と違ってやはり身近な問題だと思います。普段の生活の中で不自由に感じている事などを取り上げるのが、私たち地方議員だと思います。

奥州市で今、一番問題だと思われる事

記者 奥州市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

佐藤修孝 奥州市全体でも人口減少しているのですけれども、奥州市の中でも地域によって減少率が高いところがあります。そこは高齢化率も高いのです。奥州市の人口を増やすのももちろんですが、市内の地域間の人口格差も解消しなければならないと思います。そのためには、それに結び付くような施策をしなければならないと思っています。

その問題に対する具体策

記者 現在、佐藤市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

佐藤修孝 一般質問などでも言ったりしておりますが、例えば今やっている河川の草刈とかは、インフラといえばインフラの分野なのですが、足かせが結構あるんですよね。そこを解消しなければならないと思っています。また、市営バスの料金が高いと言う問題もあります。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、佐藤市議は何が必要だとお考えですか。

佐藤修孝 若い人には身近に感じている事を取り上げて話しすることではないでしょうか。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

佐藤修孝 奥州市になって今回選ばれた人たちは、地域の代表者になっています。来年は全奥州市で新期が始まりますが、そういう部分では奥州市全体の課題もたくさんありますし、また自分の住んでいる地域の選挙地盤の課題もたくさんあるので、両方同時進行で議員として取り上げていかなければならないと思っております。

記者 ありがとうございました。