くまくらひとし (熊倉均) 三条市議会議員

くまくらひとし議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

熊倉均議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

熊倉均議員 地域住民の方の目線で行政に住民の意見を反映してほしいという要望が一番多いですね。

三条市で今、一番問題だと思われる事

記者 三条市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

熊倉均議員 財政問題ですね。地方分権という中で、もう少し地方自治体で自由に使えるお金を回していただきたい状況です。

その問題に対する具体策

記者 現在、熊倉市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

熊倉均議員 一議員としては財源問題まで踏み込めませんので、対策というと難しいですが、地方自治体が自分の意思で活動できるような財源配分を国からはしていただきたいと思っています。

議員活動報告

記者 熊倉市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

熊倉均議員 年に1~2回市政報告会をやっております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、熊倉市議は何が必要だとお考えですか。

熊倉均議員 今までは政治に期待をしても何も変わらないという意識があったのですが、今回政権交代をしたことにより、また事業仕分けで税金がどのように使われてきているのか情報公開されている中で、かなり若い人たちも政治に目がいくようになってきたと思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

熊倉均議員 地方議会では、二元代表制の観点から住民目線で、住民の声を市政に反映させたいと思います。そして、地方分権が進む方向の中で審議機関の一員として、更なる見識の涵養と研鑚に勤めます。

記者 ありがとうございました。