高橋文雄 (たかはしふみお) 秦野市議会議員

高橋文雄の政策
活力・経験・責任!確かな未来づくり

「安心」を高齢者の立場に立って提案・実行いたします。

高橋文雄の政策

★すべてのお年寄りが安心して住めるまちにします。

★寝たきり、認知症の方も安住できるまちにします。

★年金目減り防止に努力いたします。

★独居のお年寄りは特に不安!地震・集中豪雨・土砂災害への対策強化急ぎます。

★次世代が「産める・子育てできる」暮らしやすさを目指します。

★産科開設、充実した手厚い補助金支給制度をつくります。

★子どもの医療無料化を高校生までに引き上げます。

★青少年のために自然を生かした施設の充実と活用を進めます。

★農業・商業・観光など地元の産業を「本気でバックアップ」します。

★荒廃地の利用、野菜、花、畜産など地域の特性を生かした農業振興します。

★個性ある個人店舗の開業や商店街の活性化計画実現など推進します。

★空き店舗、空き家をご近所付き合いの場としての活用を提案します。

★インターチェンジの特性を生かした企業誘致と雇用促進を目指します。

秦野市議会で最年長。経験を活かし、環境・農業・都市基盤整備を中心に、財政、教育、福祉などに広く取り組む。体力づくりにジョギング、諏訪湖マラソン等レースにも参加。

○県では「未病」に取り組んでいる。市議会でも長年「病気になりにくい体づくり」を提言してきたが、施策はどのようか。(H28.12月定例会)
⇒【答】①ウォーキング教室、成人病予防講座などを実施し、市民の健康推進に取り組んでいる。②食事直後の急激な血糖値の上昇など、気付かぬうちに重病の原因となることがある。健診の推進やバランスの良い食事指導などで対処している。

○農業の鳥獣被害が増大している。原因は里山の荒廃、免許保持者の減少、高齢化などであることは明白である。即対策を取るべきだ。(H28.12月定例会)
⇒【答】西・上地区など、駆除地区の拡大、免許取得者、更新受講者などへの補助金、申請の簡略化などを実施。今後捕獲の増加に努めたい。

○カルチャーパークは駐車場整備、樹木の伐採など大改修がされたが、有効活用の方策は。(H28.6月定例会)
⇒【答】市民の健康づくりの場として、各種スポーツ教室の実施、高齢者・障害者などの散策、プロスポーツの誘致、県大会や全国大会の実施などを推進する。

○古くから本市の特産品である落花生栽培の振興を図るべきだが、市の考えは。(H28.6月定例会)
⇒【答】作付面積が減少傾向だが、農協による個別指導を支援している。
【要望】寒暖差のある秦野の気候は、品質の良い農作物が育つ。ブランド品として育成すべきだ。